リスクヘッジにFX ノーリスクで3000円貰えるキャンペーン

今日は先日調べごとをしていたときに、たまたまお得な情報を見つけたので紹介したいと思います。

海外のBOをしている方は細かいクローズ時間のせいで買ったとこだけ予想の逆を行ってしまう、なんて経験をしたことあるのではないでしょうか?
そんなときは海外のFXで値動きに対するリスクヘッジをしておくと、どちらかが外れてもリスクを分散できます。

xm.comはTrading Point of Financial Instruments Ltd.のブランドで、海外のFX業者でも大手ですので、知っている方も多いかもしれません。
xmでは口座を開設をしてアクティベーション(本人確認)しただけで3000円分のボーナスが貰えるというキャンペーンを行っています。入金は必要ありません。利益は出金できます。(ただし出金をするとボーナスはなくなってしまいますので、たくさん貯めてからがいいですね)
さらに入金後は入金額に応じて最大5000ドル分のボーナスも貰え、トレードをするだけXMPというポイントが貯まり、ボーナスや現金に換金することも可能です。

この会社のすごいところは、レバレッジが888倍まで持てるということです。
つまり3000円をタダで貰って、2664000円分のトレードができてしまうのです。
ただしロスカットはありますので、ギリギリまでポジションを積んでしまうとすぐになくなってしまいます。
そしてFXでもっとも恐ろしいのが、急な変動が起きたときに証拠金すら割って、追証地獄に落ちるということです。
2011年の東日本大震災のとき、朝方に円が急騰したことがありました。当時クリック証券でポジションを持っていたのですが、起きたら50万くらいのマイナス(借金状態)になったことがあります。
888倍もレバレッジがあると、恐ろしい金額の追証になってしまうのでは!?と思われた方がいるかもしれません。しかし、xmでは追証がありません。入金した金額以上の損失が出ることはないのです
それは高い約定力のあるサーバーとシステムのおかげで、証拠金率が一定率を下回った瞬間にロスカットが執行されるためです。もしマイナスになったとしても、自動で修正されるため、追加で資金を要求されることはありません。

つまりです。
雇用統計などの値動きが一方的になるときに、高レバレッジを効かせた取引は危険ですが、追証にならないので、安心してリスクを大きく取ることができるのです。

【会社について】
バイナリーオプションの会社は未登録で実態のわからない会社が非常に多いです。
ここは海外でも大手のFX会社ですので、当然さまざまな規制当局の許可を得ています。

Trading Point NZ LtdはFSP(金融サービスプロバイダー)であり、FSPに登録番号FSP235905の下、登録されています。 Trading Point of Financial Instruments Ltdはライセンス番号120/10の下、キプロス証券取引委員会(CySEC)に認可されており、そしてFCA (FSA, 英国)に登録番号538324の下、登録されています。Trading Point of Financial Instruments LtdはEU諸国の金融市場指令(MiFID)に従って運営されます。 FCA (FSA, 英国), に登録番号538324 | BaFin 登録番号124161 | CNMV 登録番号2010157773 | FSP登録番号:FSP235905
(Webサイトより抜粋)

【メリット】
・レバレッジ888倍まで可能
・入出金は即時(電信送金は時間がかかります)
・追証になることがない

【デメリット】
・国内企業に比べてスプレッドが広い
(ただしスプレッド0~のサービスをしている口座もあります。手数料が$100,000の取引毎に$5かかります。)

口座のアクティベーションには書類を送ってから1~2日程度かかります。ボーナスをもらえるのはそのあとなので、ノーリスクでトレードしてみたい方はお早めに登録してみてください。

カテゴリー: 成績・戦略 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>