2012年 26週目の展望

大きく注目されていたイベントを通過したので、今週は比較的落ち着いた値動きになると予想しています。
先週ドルが大きく上昇していて、重要なラインである80円を通過しているので、やや上値を意識した動きになることが予想されます。ただ、まだ下値を探る可能性も残っていて、79円台を維持している間は大丈夫ですが、割ってくると再び下落方向へ動く可能性が出てきます。

スペインが銀行救済で支援を要請しました。また、キプロスも支援を要請し、これで支援を求めた国は5カ国目となります。キプロスは経済規模も小さいので、そこまで大きなユーロの下落には繋がりませんでした。どちらかというと市場はイタリア国債、スペイン国債の動きを注視しているので、今後も国債利回りを意識してユーロは上下すると思います。

今週、USD/JPYは79.2~81.5円、EUR/JPYは99~101.7円、EUR/USDは1.244~1.265くらいの間で推移すると予想しています。

今週の気になる指数発表

25日(月)・・・米新築住宅販売件数
26日(火)・・・米消費者信頼感指数
27日(水)・・・米中古住宅販売成約
28日(木)・・・独失業率、英GDP、米GDP、米個人消費、新規失業保険申請件数
29日(金)・・・日失業率、独小売売上高、ミシガン大学消費者信頼感指数

 

カテゴリー: 成績・戦略 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>