2014年 第39週

2014_39週間損益:-40044
年間損益:3790184

今週もGMOではほとんどトレードしませんでした。
Cysec認可を得ているオプションラリーでトレード始めましたが、なかなか良さそうでした。

 

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第38週

2014_38週間損益:-47828
年間損益:3830228

先週の損失が大きすぎたのでほとんどトレードしませんでした。
市場ではドル高が止まらず、17日には108円台前半まで上昇しました。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第37週

2014_37週間損益:-2348414
年間損益:3878056

先週のプラスどころか、8月のプラスのほとんどを吹き飛ばす絶不調な1週間でした。月曜日にマイナス70万、火曜日にマイナス90万、水曜日にマイナス80万をたたき出しました。ワースト記録更新です(´・ω・`)

スコットランドの独立をかけた住民投票が9月18日に控えているのですが、世論調査の結果で独立賛成派が勢力を増してきたことから、週の前半にポンドが大きく下落しました。しかし週の後半にかけて下落した分を取り戻し、結果的には週を通してみると上昇するという荒い展開となりました。ユーロは先週に引き続き1.28台と1.29台を行ったりきたりしていました。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第36週

2014_36週間損益:950190
年間損益:6226470

月初から好調な1週間でした。(これを書いている時点では、翌週にボロボロになっています・・・w)

なんといってもECBが市場予想に反して、緩和策を打ち出したことが大きかった1週間でした。いつも後手後手の政策となっていましたが、今回はサプライズで反応し、ユーロは諸通貨に対して大きく下落しました。対米ドルでは1.3という節目を割り込みました。また、ポンドに関してもスコットランド独立問題が上値を抑える要因となっています。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第35週

2014_35週間損益:615860
年間損益:5276280

今週は目標達成することができました。最初ダメそうだったのですが、木曜と金曜に盛り返すことができました。

年に1度開かれる各国の中央銀行総裁の集会が、週末にジャクソンホールで開催されました。FRBのイエレン議長は長期利上げに対して積極的な姿勢を見せました。反対にECBのドラギ総裁は、デフレ対策のためにあらゆる措置を講じると発言。このことからEUR/USDに売りがたくさん入り、週全体を通しても回復する様子がありませんでした。ドル円も長い間続いたレンジをブレイクする兆しを見せています。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第34週

2014_34週間損益:-223535
年間損益:4660420

引っ越し控えていて準備が忙しかったので、ほとんどニュースを読まずにチャートを見て逆張りだけでトレードしていました。そうしたら月曜と水曜に大きくマイナスを作ってしまい、目標どころかプラ転もできない1週間でした。

地政学リスクの緩和やNYの株価が持ち直してきたことにより、ドル高方向に動いた1週間でした。ユーロドルは毎週のようにジリジリ値を下げています。週末に年に一度の金融シンポジウムを控え、大きな動きはしませんでした。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第33週

2014_33週間損益:554650
年間損益:4883955

目標達成できました。水曜日に結構な赤字を作ってしまったので無理かと思ったのですが、木金で戻すことができてよかったです。やっぱり赤字を作らないようにするのが一番ですねー(´・ω・`)

全体的に相場は落ち着いた1週間でした。下落していたダウ平均も少し戻しました。地政学リスクは引き続き警戒しなくてはいけませんが、市場参加者も徐々に慣れてきているように感じます。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第32週

2014_32週間損益:671172
年間損益:4329305

木曜日にマイナス30万を出してしまい、目標達成無理かと思っていたのですが、金曜日に大きく収支を伸ばすことができて目標達成できました。危ない・・・。

金曜日にアメリカがイラクの少数派ヤジディ教徒やキリスト教徒を、イスラム過激派組織「イスラム国」からの無差別虐殺から保護する名目のもと、空爆を承認した影響を受けてリスク回避が進みました。またポーランドのシコルスキ外相が、ロシアがウクライナ侵攻に備えて国境付近に軍部隊を集結させたと発表しました。ガザでも再び戦闘が繰り広げられ、これらの地政学的リスクが重なったことから株価は大きく下落し、円高ドル高が進みました。特にユーロドルでは年初来安値を更新しているので、今後ロスカットを巻き込んだ場合どの程度まで下げるのか注視が必要です。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第31週

2014_31週間損益:372800
年間損益:3658133

8月に入ったとたんに収支が悪化・・・。月初がボロボロになると1ヶ月ダメになるケースが多いので気をつけて行きたいところです。

イスラエルとガザは72時間の停戦に合意しましたが、数時間もしないうちに再び戦闘が再開されました。ウクライナ情勢も心配なところですが、中東情勢もリスク回避に働くので注意が必要です。
米国の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比20.9万人増となりましたが、失業率が6.2%と悪化しました。これはより良い条件を求めて離職する人や、今まで就職を諦めていた人が職を求めだしたことが原因と考えられます。失業率の悪化によって円安の動きが抑えられる形となりました。FEBからしてみたら、急いで金融緩和を終了する必要性が後退したので、少し安心した結果になったのではないでしょうか。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする

2014年 第30週

2014_30週間損益:457255
年間損益:3285333

比較的順調な1週間でした。最終日のクローズ前数時間で、ちょっと調子に乗って利益を減らしてしまいました・・・。。(´・ω・`)

ウクライナ情勢も一旦は落ち着き、為替相場も安定感を取り戻した1週間でした。木曜日に発表された米新規失業保険申請者数は、予想より少ない結果となり、米国の雇用の改善がより一層期待されます。

カテゴリー: 成績・戦略 | コメントする